結婚式の二次会の芸はどんなの?

結婚式。少なくとも、今の日本でそれなりに学校に行って卒業して、そのあと就職なりなんなりして仕事に就いている人間であれば、誰でも一度くらいは経験することになると思いますよ。単純な友人の結婚式の場合もあるでしょうし、仕事の上司、あるいは上司の親類縁者の結婚式に行く場合もあるでしょう。そういうのでなくても、自分の親類縁者や兄弟ってケースも考えられますね。で、結婚式ってのはまぁいろいろあるんですが、一般的には教会とか結婚式場で結婚を新郎新婦が誓って、そのあと披露宴って形で宴会をするケースが多いんじゃないでしょうか。(余談ですが、葬式の後なんかも宴会をしますよね。あれって不謹慎だと思いませんか?)さて、そんなこんなで宴もたけなわになると、決まって「二次会いくかー」って話になるようですね。ま、晩婚化が進んでいると言っても、結局結婚をするのは若い人間なわけですから、まぁそりゃそうなるよねってなもんです。

で、そんな若い人間が集まれば出てくるのは当然お酒。ビールに始まり焼酎ワインに日本酒とかポン酒に続くのが一般的でしょうか?そんな宴会は下手をすれば一晩中続いたりもします。さて、それではそんな席に呼ばれた場合、場を盛り上げる役を任せられることも珍しくないでしょう。そうです、そこで今回の議題である『結婚式の二次会の芸』の話になるわけですよ。新郎新婦が夫婦となり、めでたいことこの上なし!二次会に呼ばれるくらいですから新郎か新婦か、あるいはその両方とそれなりに付き合いのある人間なのでしょう。当然芸の一つでもして場を盛り上げたい!さあどういう芸が適当なのでしょうか?ま、当然場を盛り上げるのが目的ですから、重い芸などはNG。場を鎮めちゃった終わりですよね。まぁそういう場合はSOコールという一気飲みコールが起こったりしますけどね(また余談ですが、一気飲みは大変身体に悪いし、危険です。やめましょうね)。

ではどういう芸が適当か。結婚式の二次会って結構人数が多い場合も多いですし、トランプ手品のような細かいのもできれば避けたいところですね。皆から見えないですし。そう考えていくと、やはりギターを弾いて一曲歌うとかができればベストでしょうかね。場も盛り上がるし、外すってことも少ない。弾けないからと言ってあきらめず、結婚式まで練習すれば、その気持ちがうれしいという話になるかもしれません。みなさん決して芸を持つことをあきらめないでいきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です